女性

保育士の求人を探すコツ│メリットを比較して自分にあった求人を探す

理容師と美容師の違い

髪を切る人

東京でもよく理容師と美容師を間違われる人も多いです。一般的に多い勘違いとして、男性は理容師、女性なら美容師だと思われている方も少なくはありません。美容師はパーマや結髪、化粧などの方法で容姿を美しくする人のことをいい、ヘアカットも対応しています。理容師はヘアカットなどや、刈り込みや顔剃りに対応しています。美容師の仕事と大きく違うのは、カミソリを使うところです。また、美容師とはハサミの種類なども違います。また、美容師は原則としてカミソリを使うことが禁止されています。東京に限らず、理容師として働くには理容師国家試験に合格して国家資格を取得する必要があります。それ以外にも、理容師の養成課程がある専門学校で数年学び、所定の過程を終了することが前提として求められています。資格取得に年齢制限などはないため、東京でも高校卒業から専門学校に入学する場合や、働きながら通信教育で理容師を目指す場合など、理容師になる人の経緯は様々です。最近では男女がユニセックス化していて、男性でも美容院を理容する人が増えてきたために東京でも美容師の比率が高くなっています。理容師自体の平均年齢も上昇しており、若い理容師は非常に需要があるといえるでしょう。また、高齢化社会となっている昨今では高齢者にも対応したサービスを行うためにケア理容師という制度も生まれました。ケア理容師制度は理容店に来店する高齢者や障害者向けのサービスや、それに必要とされる研修のことです。このケア理容師養成研修を受講することにより、ケア理容師として仕事に幅を増やすことができます。